クールビズを徹底比較し厳選 | メッシュソックスの「在庫あり」ならコチラっです セオ・アルファ

見た感じ生地にテカリが有ったので予想外でした。履き心地抜群です。メンズもの充実お願いします。

コチラですっ♪

2017年02月28日 ランキング上位商品↑

セオ・アルファ メッシュ クールビズ ビジネス ソックス ポイント東レ「セオ・アルファ」使用の日本製 足裏メッシュ靴下 足もと涼しい・ムレ予防 クールビズ メンズ 夏用 ビジネス ソックス 靴下 220-155ポイント10倍

詳しくはこちら b y 楽 天

主人用に購入。この靴下は足の底がほぼ穴で汗を吸い取りません!直に靴に汗が向かうと考えて下さい。耐久性も満足です。もう1足買っておけばよかった。夏に向けて買ってよかったです。まだ履いていませんがメッシュ具合がすごい!初めて見ました!!!履いた後の感想が楽しみです!履いてまず驚いたのが、サラッサラな感触。慣れたら気にならなくなりそうと言っていました。2リットルの涙が出ました。 机の下でこっそり靴を脱ぐと涼しかったので!会社でサンダル履きできる人には絶大な効果が有ると思います。 初めの頃はサラサラが行き過ぎて、肌触りが粗く感じましたが、繊維がこなれてきて滑らかになり履き易くなったと感じます。直ちに雑菌が繁殖し悪臭が漂います。これ、いいです。スポーツメーカーじゃ2000円は吹っかけてきます。東レで日本製なので品質は安心です。 来年は同じ生地で底がメッシュになっていないモデルを希望します。 革靴の中、指の辺りは湿ってはいるものの、薄手の綿の靴下の時ほど湿っていません。苦情も言いやすい(笑)この靴下の上から吸汗速乾系のスポーツソックスを重ね着することで!汗冷えせず!かつ乾きやすくなります。 これはすぐ慣れますけど。 底のメッシュ部分についてですが!一番体重がかかる踵と指の付け根はメッシュになっていないにもかかわらず!歩いた後!立ち止まると足の裏がクワーッと熱くなります。早速この2枚履き状態で濡れたお風呂場を歩きましたが!冷たくありませんでした。ですが吸湿は皆無!匂いも全く抑えられません。。それが、少し難点です。足の甲側がメッシュになっている靴下はざらにあるのですが!実際には足は「裏」から汗を掻くので!底がメッシュ素材になっている靴下を探していました。使用してみないとなんとも言えないのでとりあえず1足のみの購入としましたが!追加購入しようと思っています。私は普通の防臭・綿100%靴下に変えてすぐに収まりました。見た目は非常にカッコいいと感じるのでその点だけは評価し、星2つです。素材は高品質であるのでなぜ普通の靴下の形状にしなかったのかと残念です。 今でもサラサラ感は変わりなく、へたりや、ほつれ、型崩れも無くとても丈夫です。 それとつま先に有る縫い目に違和感が有りました。靴下を洗濯をしたとき!ストライプの入った方が!ほつれたようになっていました!涼しくていいのですが。メッシュが効きます。これが狙いだったんです。 まだ2度しか履かずにレビューしている訳ですが、これはポリエステルで、天然繊維ではないので、夏用の綿靴下に比べて長持ちしてくれそうです。 摩擦が高すぎるようです。ただし、0じゃないですよ。。。足裏だけがメッシュになっており、歩行の際にちくちくとする違和感を感じます。特に一番冷たくなる指先が乾きやすいので良いです。夫曰く!蒸れないけどメッシュ素材の靴下の底を履くのが初めてなので微妙な違和感あるとの事。---------------------------------------- <2011/08/21追記> もう15回ぐらい履いたと思うので!気が付いたことを書き加えます。 見た目にインパクトの有る足裏メッシュは、期待したのですが、革靴を履いてじっとしていては涼しく有りません。もっと、種類がほしーいところです。縫製もしかりしていて、メッシュ度による通気性も良く、蒸れ症の小生はこの夏快適に過ごせました。それで700円だから買いやすいしリピートしやすい。20%くらいは冷たいです。 会社で仕事中に触ってみると!足首の辺りは!履いたときと同じくサラサラ。私自身穴が大きく空いていれば涼しく蒸れないだろうと考えていました。靴を履いていても蒸れないし爽やかな商品ですね。しかも!爪や母指球など!すり減りやすい部分は通常生地にしているなど!耐久性を理解しているところにも感心。黒が売り切れだったのが残念でした。人間は足裏にものすごく汗をかきます。つま先が蒸れることなく気持ちのいい靴下です。お店の対応は早くて良かったです。夫用に購入しました。4足購入しましたので暫く様子を見て履き心地!耐久性等!良かったらリピしてみたいそうです。 それとゆったりした靴で歩き回る人も。足の裏が網タイツみたいなメッシュになってる。靴下でメッシュ系じゃ、すぐに穴が空くだろう、というのが躊躇の理由でしたが、うまく耐久性を上げてくれています。